​しあわせバース@paris

妊娠・出産サポートネットワーク

CALM LA MAISON DE NAISSANCE (パリの院内助産院)

①CALM

http://www.mdncalm.org/

パリ12区にある、産院内にある助産院です。

②2015年3月

③自然分娩、ふつうに分娩台で。(水中の施設がある部屋だったのに、、、) 当時、助産院での出産は法律で認められておらず、 出産時のみ上階の産院の分娩室に入らねばいけませんでした。(泣) (2016年4月より、そのまま助産院内での出産が認可されました) 助産院の待機室でお風呂の中だったのですがそこから移動せねばならず、 お風呂はいってもまた出されるんでしょう?とその場の判断で、(←移動が大変だったのです。。。。) そのままベッドにのりました。

お風呂内が体が落ち着かなかったので ベッドでいきみの間に完全脱力して休憩できたのでそれはそれでよかったかも。

 

ちなみに、
前日昼から前駆陣痛が始まり、当日朝から助産院、 夕方まで陣痛ペースが早まらずやきもきしましたが急にはやまり分娩室へ移動、 そこから40分でやっと出てきました。
医療介助は一切なし。

 

④現在は助産院内で産めるので、助産院内の設備は↓ ふつうの自宅の様な雰囲気の部屋 お風呂、トイレ、シャワー設備 天井から吊るされている出産用の綱

バランスボール
助産院内のサロン、キッチンなどそのまま使えるので おばあちゃん家でそのまま出産する様な場になっています。 食事は基本持ち込み。おにぎり、レンズ豆やひじきをもっていきました。 なお、宿泊施設はないので出産後少し休んだら帰宅します。 私も、産後4時間後には家に帰っていました。

⑥産前、出産、産後まで、基本的に一人の助産師さんとそのパートナーによる 検診、両親学級、産後の訪問がされます。
出産当日は私と夫、助産師さんの3人のみでの出産でした。 私たちの意向を最大限に尊重しながら、必要な知識は細かく与えてくれました。 基本的に全部プライベートレッスンだったので、効率よく、不安なく当日を迎えることができました。 なお、同じCALM内で、ペリネのrééducation をやってくれる助産師さんもいて、 その方もすばらしかったです。

⑦助産師さんがしっかり授乳の体勢、高さ調節の工夫の仕方など 細やかに教えてくださいました。 乳輪周りにニキビみたいなのができることがあって。 困って駆け込み寺させてもらったこともあります。笑

⑧産後、すぐ自宅でゆっくり過ごせたのはよかったです。和食だし。 -たくさんの友人が食事を差し入れしてくれて、とても助かりました。

-自分でできる手当て(気功整体、レイキのような感じ)を産後していたせいで、 回復が早かった様子。

(*片山洋次郎氏(気功系の整体の先生によると、子宮は気のエネルギーに敏感で、 気のエネルギーのケアがあると、床上げ三週間またずとも、回復が早くなるとのこと)

-授乳体勢などはすごく気をつけて、できる限り体に負担がかからない、歪みのない姿勢を 研究しました。抱っこ紐も調整のきく、負担が少ないものを。 結果、腰痛や後遺症はゼロです。ちょっとの工夫で変わることなので、知ってほしいことです。

-2歳3ヶ月まで完全母乳。「最強母乳外来」という本が役立ちました。

⑨産後のご飯デリバリーがとっても身に沁みました。 また、自身のおてあてによる回復経験を踏まえて、 産前産後のおてあて整体、ごはんデリバリー、授乳ホットラインなどを細々としています。

1/2